履歴書・職務経歴書
  ダウンロードはこちら
 


新着情報

2020.06.17

採用・人事についてお悩みの企業様へ

こんにちは。栃木転職マーケットを運営しています
シューキャク・マン株式会社 人事・採用戦略サポートチームです。


当社はWebマーケティング企業です。
Webのチカラを活用しホームページから売上やお問合わせを増や
繁盛店にするウェブ集客屋さんです。


昨今、お客様のお悩みが売上やお問合わせはもちろんですが、
そこに人材不足が加わり、これまでのWebマーケティングの
知見・ノウハウを活かして採用ホームページから
求職者の応募を増やす取り組みも企業様と二人三脚で
おこなうようになってまいりました。


いま、コロナにより多くの企業様が
人事・採用戦略の見直しを
与儀なくされています。


「採用費用を見直したい」
「今は人が余っている」
「新規事業を考え経験者を採用しなければならない」


などなど。。。


まだコロナがお隣の問題だった今年1月。
若干の新規求人減少はあったものの、有効求人倍率は1.49倍と高く、
依然人手不足が叫ばれていました。


しかし、コロナ禍で環境は激変。


3月の有効求人倍率は1.39倍にまで低下。
既存の商品・サービス・採用戦略を見直したいという
中小零細企業が多くなりました。


「コロナの経済への影響はリーマンショックを超える」とも言われていますね。


リーマンショック後の日本の雇用情勢を振り返ってみましょうか?
2009年7月、完全失業率5.5%
2009年8月、新規有効求人倍率0.42倍
2009年11月、正社員有効求人倍率0.25倍
まさに最悪です。


もし、本当にリーマンショックを超える影響があるとすれば、
どれだけ雇用情勢は悪化するのでしょう。


弊社がお手伝いする栃木県内の企業様からはこんな声が、、、


「保育士が余り始めている」という保育園


「保育士」と言えば、慢性的な人出不足状態が続き、
どの保育園も保育士採用には苦慮されてきました。


ですが、コロナの渦中にある今はというと、、、、
4月入園予定の子供の数が一気に30%減少し
保育士があまっているそうです。


「コロナの中でも相変わらず人材不足」という自動車販売会社。


こちらはもともと既存客の車のメンテナンスや車検が
売上の大半を占めているので業績に大きな変動はなく
相変わらず整備士不足とのことでした。


次回以降、アフターコロナ時代の採用・人事戦略について
どう対応すべきか考えていきたいと思います。
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません